2019.3.5【オープン戦】バファローズ対スワローズ

大城滉二選手 オリゲーム

宮﨑での試合がいくつか雨で流れた結果
ホーム・京セラドーム大阪でのオープン戦スタートとなりました。

上々の滑り出しです!

20190305オープン戦のスコアボード

2桁安打

昨シーズンのチームを振り返ると得点力が課題として
浮き上がっていましたが
今日の試合に関しては若手や新戦力が
好アピールを見せてくれました!

新助っ人ジョーイ・メネセス選手が二塁打を含む2安打、
それに負けじとクリス・マレーロ選手も2安打。

新キャプテンの福田周平選手は二塁打2本がありました。

ルーキー頓宮選手が特大ホームランで挨拶!

頓宮裕真選手が大きなホームランを
京セラドーム初戦で見せてくれました!

亜細亜大ではキャッチャーだった頓宮選手、
慣れないサードの守備も頑張りながら
配球を読む力も活かしながらの打撃力を見せつけてくれています。
とても楽しみな存在です。

送りバント、犠牲フライも決まる

若月健矢選手が送りバントを初球で決め、
西浦颯大(はやと)選手が犠牲フライを決める。
このあたりも良かったですね。

西浦選手は初回の1球目でいきなり飛んできたセンターフライに対しても
ダイビングキャッチの好プレーがありました。

チームの攻撃の中ではもったいないけん制アウトや走塁死もありましたが
今日は良い点の方が多かったですね。

投手陣もおおむね好調

先発のアンドリュー・アルバース投手は
4回を無失点の好投でした。

登板後のインタビューでは
現段階では各球種の感触を確認しているとのこと。
腕の振りの点では前回よりよくなかったが
それもこの時期としては想定内ということで問題なさそうです。

山本由伸投手はいきなり初球から150km/hを出していましたね!
今回は球数を少なく、テンポよく投げることがテーマで
ストレートも力をうまく抜いて投げられた、
これから細かい質を上げていきたいとのことです。

増井浩俊投手は新しい球種を試し、
その感触もよさそうです。

オリ増井、今季初登板で“新球種”に手応え 「今日ぐらい制球できれば使える」(Full-Count)

オリ増井、今季初登板で“新球種”に手応え 「今日ぐらい制球できれば使える」
オリックスの守護神・増井浩俊投手が5日、ヤクルトとのオープン戦で今季初登板。9回から4番手でマウンドに上がりカーブ、スライダーを交えるニュースタイルの投球で1回無安打無失点の好投を見せた。

昨季までは主に直球とフォークを駆使して打者を打ち取っていたがこの日は「全球種を試してみたった。それなりに手応えがあった。今日ぐらい制球できれば使えると思う」と、新たな“武器”に手応えを感じている様子。

榊原翼投手は気持ちが入り過ぎてしまっているようにも見えました。
ボール球が多く球数も多くなってしまいました。

しかし彼のカーブはすごい武器のようです。
マウンド上でもっと落ち着くことができれば
ガラッと変わりそうです。

大城選手が日本代表に追加招集される

さて、今日の記事タイトル画像は大城滉二選手です。
その大城選手が今週末行われる日本代表の試合にむけて
追加招集されました。

これでバファローズからは
山岡泰輔投手、
山本由伸投手、
大城滉二選手、
吉田正尚選手、の4人が今回の侍ジャパンのメンバーとなりました。

試合会場が京セラドームなのでオリックス・バファローズの選手にとっては負担が少ないですし
プラスのお土産を持ち帰れるといいですね(^.^)