2019.3.6【オープン戦】バファローズ対スワローズ

松葉貴大投手 オリゲーム

前日に続いてこの日も東京ヤクルトスワローズとのオープン戦です、
スタメンはこちら。

オリックス・バファローズ
【スターティングメンバー】
1.遊 福田周平
2.中 西浦颯大
3.左 ジョーイ・メネセス
4.指 吉田正尚
5.一 クリス・マレーロ
6.三 頓宮裕真
7.右 小田裕也
8.捕 若月健矢
9.二 大城滉二
投手 松葉貴大

野手のメンバーは前日と同じでしたが守備位置はセカンドとショートが入れ替わっています。
途中出場を含めると…

1.(遊)  福田
–   遊   安達
2.(中)  西浦
–   打中 後藤
3.(左)  メネセス
–   打左 杉本
4.(指)  吉田正
–   走指 佐野
–   打指 白崎
5.(一)  マレーロ
–   走一 武田
6.(三)  頓宮
–   打   T-岡田
–   走三 山足
7.(右)  小田
8.(捕)  若月
–   捕   伏見
9.(二)  大城
–   打   西野

これだけのたくさんの野手が出場していました。
まさに競争真っ只中ですね!

投手リレーは以下の通り。

先発  松葉(5イニング)
二番手 澤田(1イニング)
三番手 比嘉(1イニング)
四番手 山田(1イニング)
五番手 岩本(1イニング)

先発の松葉投手は5イニングを投げて2失点。
しかしどちらの失点もエラーが絡んだものなので自責点はありませんでした。

そう…今日は結果的に見るとエラーでの失点が最後まで響いたな…という試合でしたね。

松葉投手は登板後のインタビューを聞く限り初回にもっと緩急が使えたらよかったけど、
というコメントもありましたが
全体的には手ごたえはよかったようです。

実際初回以外は球数も多くなく、エラーの出なかったイニングでは
相手に二塁を踏ませていませんでした。

キャンプ中から好調で、投球練習を受けるキャッチャーからも
例年以上の球の強さがあると言われていたという話もありますし
このまま自信を持って投げ続けてほしいです。

失策2つのうちのひとつはサード頓宮選手の悪送球でしたが
彼はつい最近までキャッチャーをしていてサードはほぼ未経験の状態で入団したばかりですから
まだまだ仕方がない部分があると思います。
今のうちに失敗を恐れずたくさんチャレンジしていってくれたらいいですね。

もうひとつのエラーはキャッチャー若月選手の悪送球でしたが
ワイルドピッチとなったボールを拾ったところから
三塁を狙った二塁ランナーを刺そうとして
送球が逸れてしまったものでした。

こんな失敗もオープン戦のうちに経験しておいた方が開幕後にも活きてくるはず…!
と今の時点では前向きに考えておきましょうか。

送球が左わき腹に当たってしまいベンチへ退いたスワローズの坂口選手が心配でしたが
交代後もベンチにいたので大丈夫なのかな、とホッとしました。

守備のエラー以外では小田選手が二塁ランナーにいる時に
けん制球に刺されてしまう、ということが2試合続けて起きてしまいましたが
これも今のうちに対策してもらえれば。
すばらしい快足選手ですからやはり元気に本塁まで還ってくる姿を見たいですね。

2019年3月6日のスコアボード

全く点が取れなかったわけではないし、
開幕へ向けてまだ少し猶予がある現段階では
よい反省材料が出た試合だった、ということにしておきましょう!