【スコアブック】【ウエスタン】2019.5.30タイガース対バファローズ11回戦

オリファーム

今日のウエスタンリーグは
鳴尾浜でのタイガース戦でした。

ウエスタンリーグ2019年5月30日タイガース対バファローズ11回戦の試合結果

阪神は藤浪晋太郎投手の先発が予定されていた為
球場は早い段階で満員になっていたそうです。

バファローズの投手は荒西祐大選手が先発です。
先発としての登板は2試合目です。

前回の先発登板では5回を無失点でしたが
今回はそれを上回る内容でした!

7回を投げて球数は86球(少なくまとまっている!)、
被安打2、8奪三振、無四球、無失点。
素晴らしい!

先制したのは5回、7番に入った岡崎大輔選手が左中間への二塁打で出塁すると
続く稲富宏樹選手が送りバントで1アウト3塁の場面を作り、
9番廣澤伸哉選手のレフト前へのタイムリーで1点をもぎ取ります。

8回には1アウト満塁で5番宗佑磨選手のファーストゴロの間に
追加点が入ります。

普通のファーストゴロであればホームをアウト、あるいはダブルプレーにもなりそうなところでしたが
高いバウンドになったのが幸いして、板山選手はホームへの送球を断念。

タイガース注目の先発・藤浪投手からは
ヒットを打つことができませんでした。

藤浪投手は3回36球で無安打、1四球、無失点でした。
(時々大きくコントロールを外す球もあり、まだ本調子とはいかないのかもしれません)

バファローズ投手陣は荒西投手の後は
山田修義投手、吉田一将投手、漆原大晟投手とつなぎます。
3投手とも無安打ピッチングの完封リレー!

守備では西野真弘選手の好プレーが度々観られました。

また3回に坂本選手の送りバントが小フライになったところに
岡崎選手が猛スピードで飛び込んできてキャッチしたのは
素晴らしいプレーでした!

ネット中継を観ながらつけていたスコアブックがこちらになります。
(クリックやタップで少し大きくなります)

まずは先攻バファローズ側の成績です。

2019年5月30日先攻バファローズ側の成績

先攻バファローズ側の成績

続いて後攻タイガース側の成績です。
(中継画面のみを観ての記録なので守備交代などが抜けている可能性があります)

2019年5月30日後攻タイガース側の成績

後攻タイガース側の成績

【ご注意】
私のスコアブックはものすごく個人的でクセがあるので
もしご覧になるなら見方の説明記事も合わせてご覧ください。

【注意点】このブログ内のスコアブックの見方について
このブログに載せているスコアブックは一般的なものと記号などでズレがあるので一応この記事で説明しています。あくまでド素人レベルなのでご容赦ください^^;

一番クセが強いのはストライクやボールの部分で
基本的には…
見逃しストライクが○、
空振りストライクが×、
ボールが横棒、
ファウルが▽の上辺がない感じの印で書いています。

素人が趣味で書いているものですので抜けや間違いが数多くあるはずです。
どうぞご容赦ください…イニングごとの球数など、あくまで雰囲気だけ伝われば、という感じです。