2019.6.16バファローズ対タイガース3回戦

増井浩俊投手 オリゲーム

勝ちきれなかった試合となりました…。
増井投手が心配です。2019年6月16日バファローズ対タイガース3回戦の試合結果

関西ダービーを2勝1分けと勝ち越すことはできましたが
いまだに日曜日に勝つことができていない今シーズン。涙。

オリックス・バファローズ
【スターティングメンバー】
1.二 福田周平
2.一 鈴木昂平
3.左 吉田正尚
4.指 ステフェン・ロメロ
5.右 中川圭太
6.遊 大城滉二
7.中 武田健吾
8.捕 若月健矢
9.三 安達了一
投手 田嶋大樹
(相手先発投手:ガルシア)

昨季の怪我から戻ってきた田嶋投手が今季2試合目の登板。

14日に一軍復帰した安達選手がサードでスタメンです。
サードでの公式戦出場は数年単位での久々となりました。

田嶋投手が6回までノーヒットピッチング!

先発の田嶋投手は6回まで1本もヒットを打たれることなく6奪三振と
素晴らしい投球が続いていました。

このままノーヒットノーランを目指して完投したいのが
ピッチャーの性かなと思いますが
なにせ田嶋投手は故障明けで首脳陣も慎重になります。

6回までの球数は88球。

西村監督も無理はさせたくなかったのでしょう、
6回表終了後ベンチの田嶋投手のところにお話に行かれてました。

相談の結果、7回も続投します。
おそらく球数などの条件を確認していたのでしょう。

5点のリードをもらった状態で
7回のマウンドに上がった田嶋投手は
先頭打者の糸原選手に低めのストレートの球を
センター前に運ばれてしまいます。

続く糸井選手にはフォアボール。
ここで球数は95球となり、
ノーアウト1塁2塁としたところで降板となりました。

ここからブランドン・ディクソン投手への継投となります。

ディクソン投手は大山選手に二塁打、
原口選手に犠牲フライを打たれ、
田嶋投手が出したランナーが2人生還し
結果的に田嶋投手は2失点となりました。

さらにゴロの間に1失点しここで5-3と2点差となります。

ディクソン投手は来日7年目、
ずっと先発で頑張ってきてくれたピッチャーですが
肩の故障明けのリハビリの意味もあるのでしょうか
今季は6月4日の一軍初登録以降、
中継ぎ投手として待機しています。

いくら素晴らしい球を持っているディクソン投手とはいえ、
今までと違う調整をしながらのリリーフ登板、
しかもランナーを背負った状態からの登板は
彼にとって慣れないハードな状況でのお仕事になるので
しかたないといえばしかたないような気もします。

2点リードのままで迎えた最終回に…

そのまま2点差でリードしている状態で9回表を迎えます。
ここで登板するのはクローザーの増井浩俊投手。

増井投手はここまでリーグ3位の18セーブを記録していますが
今季は万全とは言えない調子の中で
何度かセーブ失敗をしてしまう試合がありました。

苦しみながら頑張ってくれているのですが…
今日も苦しい投球となってしまいました。

ストレートが引っかかって
なかなかストライクゾーンに入ってくれません。

Jsportsの中継で解説をされていた野田浩司さんも
フォークもストレートがあってのものですからね、
ストレートがこの状態では…、
そんなコメントをされていました。

増井投手は3四球を出し、
福留選手に二塁打を打たれ…
同点に追いつかれてしまい
1イニングを投げ切ることができませんでした。

延長戦突入後は両チーム得点なし

延長戦に入ってからは
10回の先頭打者となった佐野皓大選手が二塁打を打ったり
11回には安達選手の今季初ヒットとなる二塁打が出たりと
チャンスは作るのですが得点には至りませんでした。

12回で引き分け。
4時間48分…球場のみなさま、お疲れ様でした…。

被安打3、無失策なのに5失点…10四球

9回に追いつかれてしまった時点で
チームの被安打は3、エラーはなし。

これでなんで5失点するのかなと思ったら
9回までに四球を6つ出しているんですね。
12回で10四球(うち申告敬遠が1つ)。

実は今季は無四球で終えられた試合がまだ1つもありません。

増井投手登録抹消へ

オリの守護神・増井2軍落ち 九回に福留に同点二塁打浴びる
(デイリースポーツ)

オリの守護神・増井2軍落ち 九回に福留に同点二塁打浴びる/デイリースポーツ online
 「交流戦、オリックス5-5阪神」(16日、京セラドーム大阪) オリックスの守護神・増井浩俊投手は2点リード九回に2四球からピンチを招き、代打・福留に同点二塁打を許した。

増井は「自分の思うように体が動かせなかったという感じ。
自分では疲れだと思っている。
休ませてもらって、また自分のボールが投げられるようにして来ます」と話した。

17日に出場選手登録を抹消し、18日から2軍に合流し、リフレッシュに努めることになった。

増井は今季、チーム最多の27試合に登板し1勝1敗18セーブ、防御率5・54の成績だった。

本当に心配です。

プロ野球選手でピッチャーができている人の中でも
クローザーに向いている人というのは限られているだろうと思っています。

持ち球の特徴だけでなく、登板状況や調整法に向いている性格や身体とか。

増井投手は数年にわたってクローザーとして結果を出せていた投手なので
なんとか立ち直ってまたバファローズを支えてほしいですね。

やっぱりお客さんはたくさんいた方がいい!

この3連戦、対タイガース戦だけあってたくさんのお客さんが入っていました。

バファローズファンにはちょっと残念なことにファンの絶対数が違うのもあって一塁側にもタイガースファンが数多くおられましたが、そんなことよりも、とにかくお客さんが多いということが選手を喜ばせ奮い立たせていると感じました。

今回のカード勝ち越しの要因のひとつかもしれません。

いつもの、「あ、あそこからが自由席ね(招待券で来た人でいきなり密度が増える。手前はガラガラ)」とわかってしまう状況ではなくて、いつもスタンドにお客さんがそこそこ入ってくれてる球場に…なんとかなってほしいです。

今日のスコアブック

今日のスコアブックは下の画像になります。
(クリックやタップで大きくなります)

スコアの他に余計なメモ書きがいっぱいですが^^;

まずは先攻タイガース側の成績です。

2019年6月16日先攻タイガース側の成績

先攻タイガース側の成績

続いて後攻バファローズ側の成績です。

2019年6月16日後攻バファローズ側の成績

後攻バファローズ側の成績

【ご注意】
私のスコアブックはものすごく個人的でクセがあります。

一番クセが強いのはストライクやボールの部分で
一般的なスコアブックと記号が違います。

基本的には…
見逃しストライクが○、
空振りストライクが×、
ボールが横棒、
ファウルが▽の上辺がない感じの印で書いています。

その他については見方の説明記事も合わせてご覧ください。

【注意点】このブログ内のスコアブックの見方について
このブログに載せているスコアブックは一般的なものと記号などでズレがあるので一応この記事で説明しています。あくまでド素人レベルなのでご容赦ください^^;

素人が趣味で書いているものですので抜けや間違いが数多くあるはずです。
どうぞご容赦ください…イニングごとの球数など、あくまで雰囲気だけ伝われば、という感じです。