2021.4.10バファローズvsファイターズ2回戦 チャンスをモノにできない

京セラドーム大阪 オリゲーム

守りはなかなかよかった点もありましたが
打つ方ではチャンスをなかなか決められない…

オリックス・バファローズ対北海道日本ハムファイターズの2回戦です。

2021.4.10(土)バファローズvsファイターズ(京セラドーム大阪)

スタメン

1.二 太田椋
2.中 宗佑磨
3.左 中川圭太
4.指 吉田 正尚
5.遊 安達了一
6.一 T-岡田
7.右 杉本裕太郎
8.捕 伏見寅威
9.三 紅林弘太郎
投手 山崎福也

今日のショートは安達選手です。
紅林選手もスタメン復帰。
昨日と同じメンバーも打順がガラリと変えてきました。
太田・宗の1番2番です。
1番から7番までは右左のジグザグになってますね。

福也投手の前回登板時は彼が投げている間に全然援護できなかったので
今日はしっかり打って援護点をあげたい!

ファイターズのスタメン
1.西川、2.渡辺、3.近藤、4.中田、5.野村、6.浅間、7.万波、8.清水、9.石井
投手 上沢直之

1回オモテ 三者凡退。まずまずの立ち上がり

先頭の西川選手に対してはフルカウントまでいったものの
インコースへのストレートでショートゴロ。
渡辺選手にはチェンジアップで空振り三振。
近藤選手にもフルカウントになりますがインハイへの144キロストレートでショートライナーに打ちとります。
三者凡退スタートです。

山崎選手は初回18球。

1回ウラ  初回先制!

1番太田選手は高めのボール球を打ち上げてしまいショートフライ。
2番宗選手はストレートのフォアボール。
ファイターズ先発の上沢投手、投げにくそうでした。
1アウト1塁。

太田選手への最後のボールから、宗選手への全球、そして中川圭太選手への2球目まで全てボール球です。
その中川選手への2球目はサイン違いでしょうか、パスボールとなり1アウト2塁。
3球目もまたボール。7球連続ボールです。

相手投手の調子が整わないうちに得点したい…!

しかし中川選手はストレートに三振。
ファウルチップがそのままミットにおさまってしまいました。
2アウト2塁。

4番吉田正尚選手。
上沢投手、ストライクがちゃんと入るようになってきました。
ノーボール2ストライクと追い詰められた3球目
外角へのフォークがやや浮いたところをしっかりとらえ
三塁線を抜けるタイムリーツーベースヒット!

バファローズ 1-0 ファイターズ

2アウト2塁。
今季初の5番に入った安達選手は
ストレートに差しこまれてショートフライ。スリーアウト。

初回に先制しました!

ちなみにバファローズ先制時の勝敗は
4勝1敗1分だそうです。

2回オモテ この回も三凡、緩急よい投球

中田選手へは外へのチェンジアップで空振り三振!
緩急ついてます!
野村選手は初球をライトフライ。
浅間選手にはゆるい105キロのカーブで見逃し三振!
お見事!スリーアウト。

スコア変わらず
バファローズ 1-0 ファイターズ
福也投手はここまで28球。

2回ウラ  三凡

6番T-岡田選手から。
高めのカットボールにセンターフライ、1アウト。
杉本選手は高めの149キロストレートに空振り三振。
伏見選手はチェンジアップを打たされてセカンドフライ。

この回は三者凡退に終わってしまいました。

3回オモテ 連打を許し同点に

7番万波選手は2球目ストレートでファーストファウルフライ。
清水選手には5球目のチェンジアップを打ち返され
福也投手がのばしたグラブの右を抜けていってセンター前ヒット。
1アウト1塁。

9番石井選手には2球目の内角を攻めたスライダーをうまく打たれてしまい
左中間を割るタイムリーツーベースヒットに。
1塁ランナーが還ってきてしまいました。

バファローズ 1-1 ファイターズ

西川選手はセーフティバントを試みますが
バッターランナーは間一髪でアウト。
送りバントとなり2アウト2塁。

しかし渡辺選手をチェンジアップでセンターフライに打ち取りスリーアウト。
追加点は許しませんでした。

3回ウラ  相手からもらったチャンス活かせず

この回は9番の紅林選手から。
2球目のフォークを力強く打ち返した球はセンター前へ抜けるヒット!
ノーアウト1塁。

太田選手への打席、
初球の前に投げた牽制球が悪送球となり
紅林選手が進塁、ノーアウト2塁。

またチャンスをもらいました!

太田選手、最初から送りバントの気配はありません。
バットを少し短めに持って何とか食らいつこうと勝負を続けること13球目
低めに決まった147キロストレートを見逃してしまい三振。


宗選手は初球を打ち上げてレフトフライ。
2アウト2塁。

中川圭太選手への3球目がワイルドピッチとなり2アウト3塁。
しかし中川選手はストレートを打ち上げセカンドフライに…スリーアウトチェンジ。

相手から贈呈してもらったチャンスをモノにできませんでした。

スコア変わらず
バファローズ 1-1 ファイターズ

4回オモテ 福也、三凡ピッチングに戻る

先頭の近藤選手を外角低めのストレートでサードゴロ、1アウト。
中田選手には8球要しますがチェンジアップでサードゴロ、2アウト。
野村選手もチェンジアップでファーストファウルフライ、3アウト。

また三凡ピッチングに戻りました!
ここまで57球で球数的にも前回よりずっといい感じですね。

スコア変わらず
バファローズ 1-1 ファイターズ

4回ウラ  そろそろ連打がほしいが…

4番正尚選手から。
きわどいファウルなんかもありましたが
7球目のカーブをピッチャーゴロ、1アウト。

安達選手はカーブをうまくとらえてライト前に飛ばすヒット!
1アウト1塁。

T-岡田選手は初球をセカンドゴロ、
2塁封殺で2アウト1塁。
杉本選手は変化球を空振り三振、スリーアウト。

連打が出ませんねぇ。

スコア変わらず
バファローズ 1-1 ファイターズ

5回オモテ また下位打線の連打で逆転される

浅間選手には三球勝負!
アウトローへのストレートで見逃し三振。

万波選手には高めに浮いたカーブを
右中間へ運ばれてしまいツーベースヒット。
プロ初安打だそうです。
1アウト2塁。

清水選手にもライト前ヒットを打たれてしまいます。
これがタイムリーに…逆転。

バファローズ 1-2 ファイターズ

1アウト1塁。
伏見選手がマウンドに行って福也投手に声をかけました。

石井選手も外角ストレートをとらえたかに見えましたが
打球はショート安達選手のグラブの中へ。
ショートライナーで2アウト1塁。

1番に帰って西川選手はアウトローへのカーブでセカンドゴロに打ち取ります。
スリーアウト。

ファイターズが今日入れ替えてきた7~9番のところでちょうど打たれてしまっています。
福也投手、ここまで77球。

5回ウラ  三者三振…

先頭の8番伏見選手はど真ん中のスライダーに空振り三振。
紅林選手はやはり真ん中へのスライダーに手が出せず見逃し三振。
太田選手は147キロストレートに空振り三振。

上沢投手はボール球は結構はっきりしてるんですが
この荒れ具合が本人に幸いしちゃってるんでしょうか。

スコア変わらず
バファローズ 1-2 ファイターズ

6回オモテ 中川圭太!ナイスプレー!

福也投手続投です。

この回は2番の渡辺選手から。
チェンジアップで空振り三振、1アウト。
近藤選手にはスライダーでレフトフライ、2アウト。

4番中田選手。
2球で追い込みますがその後フルカウントまでいきます。
8球目をレフトフェンス直撃かという当たりをされますが
今日レフトに入っている中川圭太選手がジャンピングキャッチ!

ファイターズベンチからはフェンス直撃後のキャッチではないかとリクエストされますが判定覆らず。

好プレーがピンチの芽を摘んでスリーアウトチェンジ!
福也投手、ここまで93球です。

スコア変わらず
バファローズ 1-2 ファイターズ

6回ウラ  正尚2打点目で追いつくもさらなるチャンスを潰す

先頭の2番宗選手が外角ストレートをしっかりとらえて
センターオーバーのツーベースヒット!
ノーアウト2塁です。

次は好プレーをしたばかりの中川圭太選手。
送りバントを試みますが小フライのようになり
ピッチャー前に落ちはしますがこれではランナー進塁できず。
バッターランナーアウトで1アウト2塁。

4番・吉田正尚選手。
1ボール2ストライクからの4球目、
外のスライダーをバットの先で打ち返し
センター前へのタイムリーヒット!

宗選手が還り同点に追いつきました!

バファローズ 2-2 ファイターズ
1アウト1塁。

投手コーチがマウンドへ。

安達選手はアウトロー、ボール気味?のストレートをうまく拾って
ライト線付近へ落ちるヒット!連打!
エンドランも成功して1アウト1、3塁とまたチャンスがきます。

が…
T-岡田選手がショートゴロ併殺打…6-4-3のダブルプレーで
スリーアウトチェンジ。

福也投手が投げているうちにリードしてあげたかった…。

7回オモテ 伏見、好送球で盗塁阻止

山崎福也投手に代わって能見篤史投手が登板。

野村選手は高めにきたフォークを打ち返しますがセンターフライ、1アウト。
浅間選手には初球を打ち返されライト前ヒット、1アウト1塁。

万波選手の打席でカウント2-2から浅間選手が盗塁をしかけますが
伏見選手の送球が素晴らしくアウト!
2アウトランナーなしとなり
万波選手はフォークで空振り三振に、スリーアウト。

スコア変わらず
バファローズ 2-2 ファイターズ

7回ウラ  ラッキーセブン?はあっさり終了

ファイターズは2番手に玉井大翔選手が登板。

この回の先頭、7番杉本選手はサードゴロで1アウト。
伏見選手はアウトローへ外れるカットボールに手を出してしまい空振り三振。

紅林選手はフルカウントからのカットボールを見逃し三振、スリーアウト。

スコア変わらず
バファローズ 2-2 ファイターズ

8回オモテ 先輩が若手のミスをカバー!

バファローズの3番手にはヒギンス投手が登板。

先頭の8番清水選手は初球の150キロストレートでセンターフライ。
石井選手には外角ギリギリで攻めますが
カウント2-2から151キロストレートをセンター前へ打ち返されます。
ショート安達選手も飛びついたがわずかに及ばず。
1アウト1塁。

西川選手は打ち上げた当たりは
ショートとレフトの間へのテキサスヒットとなる不運…1アウト1、2塁。
高山コーチがマウンドへ。

ピンチとなりましたが
渡辺選手をチェンジアップでショートゴロ併殺打に打ち取りスリーアウト!

6-4-3のダブルプレーはセカンド太田選手の送球が少しそれてしまうんですが
T-岡田選手がよく伸びてしっかり捕ってくれました!

スコア変わらず
バファローズ 2-2 ファイターズ

8回ウラ  またゲッツー…

ファイターズは3番手に宮西尚生投手が登板。
渡辺選手に代わり中島選手がショートに入り、石井選手がセカンドに

太田選手のところで代打・大城滉二選手。
2ストライクに追い込まれた後はファウルでも粘りますが
6球目のスライダーをショートゴロ。

宗選手のところで代打・ジョーンズ選手。
カウント2-2からアウトローへのスライダーをレフト前へ飛ばすヒット!
1アウト1塁。
代走・佐野皓大選手。

中川圭太選手はセカンドゴロゲッツーとなってしまいスリーアウト…。

7回に続き併殺打で攻撃終了となってしまいましたよ…。

スコア変わらず
バファローズ 2-2 ファイターズ

9回オモテ 最終回に差をつけられる

バファローズの4番手は漆原大晟投手がマウンドに上がりました。
代打・大城選手がそのままセカンドへ。代走の佐野皓大選手がセンターへ。
中川圭太選手に代わって佐野如一選手がレフトに入ります。

先頭の3番近藤選手をフォアボールで出塁させてしまいます。
大城選手、伏見選手が漆原投手に声をかけます。

中田選手がフルカウントからボール気味の球をライト前に落とすヒットで
ノーアウト1、3塁。
高山コーチがマウンドへ。
代走・谷内選手。

野村選手へもボールが先行します。
3ボールノーストライクからど真ん中(ちょい高め?)へのストレートセンターの左へ飛ばすタイムリーツーベースヒット。

バファローズ 2-3 ファイターズ

なおもノーアウト2、3塁。

浅間選手にも初球はボール球(この回すべの打者に対し初球ボール球)。
2球目をレフトへの犠牲フライにされます。

バファローズ 2-4 ファイターズ
2塁ランナーもタッチアップしていて1アウト3塁。

万波選手に代打・大田選手。
初球をライトに飛ばされまた犠牲フライに。
タイミング的には送球といい勝負でしたがちょっと逸れてしまいました…。

バファローズ 2-5 ファイターズ
2アウトランナーなし。

清水選手がセンターフライ。スリーアウト。
最終回に3点取られてしまった…。

9回ウラ  相手好プレーもあり得点なく終了

ファイターズは指名打者解除、1番西川選手に代わって杉浦稔大投手が登板。
代打・大田選手がライトへ、代走谷内選手がファーストへ。

先頭は4番吉田正尚選手。
レフトフライで1アウト。

安達選手は三遊間を抜けるヒットで3安打猛打賞!
1アウト1塁。

ここでT-岡田選手はセンターの左に落ちそうないい当たりを打ったんですよ。

しかし…浅間選手が素晴らしすぎる横っ飛びキャッチを見せまして…2アウト1塁。

このいい当たりにもちろん走っていた安達選手は頑張って1塁へ戻りました。

杉本選手のところで代打・頓宮選手。
空振り三振でスリーアウト、試合終了です…。

今日のまとめ

バファローズ 2-5 ファイターズ

先発の山崎福也投手は6回を被安打4、5奪三振、2失点。
いいコースへ決まる球が多くてよく頑張ってくれました。

あえて言うなら上位打線は抑えられたのに下位打線には2度の連打を許してしまったところが反省点でしょうか。

しかし彼が投げている間にもっと点を取ってあげたかったですね。
チャンスがあったのに、なかなか活かせず追加点が取れませんでした。

今日は正尚選手だけが2度のチャンスをモノにしてくれましたが
そこ以外も欲しかった。

相手のミスでもらったチャンスの3回もそうですが
特に6回はもっと点を重ねたかったですね。

安達選手はクリーンアップ起用に応える3安打猛打賞でした。
ただうまくつながらず得点には至りませんでしたねぇ。

3回の太田選手の打席、上沢投手との13球勝負も見ごたえはありました。
(ところであそこは送りバントじゃなかったんですね)

6回の中川選手のフェンス際キャッチは素晴らしかったですね。
もともと内野手なのにあの動きができるのはすごいです。

漆原投手が同点で迎えた最終回に3点を取られてしまいましたが
まだ彼はクローザーとして確立しているわけではないので責められませんね。
前の試合でも調子が悪そうだったところにあえてこの場面で起用したのは
監督からの何かしらのメッセージがあったのかもしれません。

でもまだやっぱり酷なんじゃないかなとも思います。
平野佳寿投手も連投の後だったのでしかたなかったのかもしれませんが…。

若手の投手がいきなりクローザーとして成長していくのって
どんな感じでいくんでしょうね?

オリックスが今季ワーストの借金3 開幕から14戦連続2桁安打なし/デイリースポーツ online
 「オリックス2-5日本ハム」(10日、京セラドーム大阪) オリックスは初回2死二塁から吉田正の左線適時二塁打で先制したが、日本ハムは三回1死一塁から石井の左中間二塁打で同点に追いついた。さらに五回には1死から万波がプロ初安打となる二塁打で出塁すると、清水が右前適時打で勝ち越しに成功した。

オリックスは連敗で今季ワーストの借金3、開幕から14試合連続2桁安打なしとなった。

一応記事置いといただけですけどね。
そーですかー。14試合合ですかー。ふーん(^^;