4月30日 対ホークス戦まとめ 宗の粘りで劇的なサヨナラ勝ち

2021年4月30日ソフトバンク戦スコア オリゲーム

オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークス7回戦のまとめです。

この試合のスタメンや試合経過の詳細についてはこちらをご覧くださいね。

【試合経過詳細】バファローズvsホークス7回戦 逆転サヨナラ勝ち!
逆転サヨナラ勝ちです!宗選手が見せてくれた執念の粘りが素晴らしかった!【スタメン】投手 山岡泰輔、1.中 中川圭、2.左 吉田正、3.右 杉本、4.指 モヤ、5.一 T-岡田、6.捕 頓宮、7.遊 紅林、8.二 太田、9.三 宗

今日のまとめ

試合の流れ

1回オモテ 3安打と四球で2点先制される

1アウト満塁から甲斐選手のレフトへのタイムリーヒットでランナー2人還り先制されます

2回ウラ  若手2人の連打で1点返す

1アウトから7番・紅林選手が二塁打で出塁、そして8番太田選手が初球をヒッティング!
紅林選手が生還して1点を返しました

3回ウラ  先頭エラーでの出塁活かして同点に

先頭の2番・吉田正尚選手がセカンドのエラーで出塁、
続く3番・杉本選手はサードゴロに倒れますがエンドランがかかっていて1アウト2塁に。
そして4番・モヤ選手がライト線へのヒットを放って2塁ランナーの正尚選手が還って同点!

4回オモテ 追いついた直後にまた2点とられる

初回同様1アウト満塁の場面を作ってしまい
9番・今宮選手のタイムリーヒットで2点勝ち越される

8回ウラ  正尚6号ソロHRで1点差にせまる

この回先頭の正尚選手の6号ソロホームランが出ました

9回ウラ  宗のサヨナラ打で逆転サヨナラ勝ち!

先頭の6番・頓宮選手と7番・紅林選手が連打で出塁。
1アウト1、2塁の場面で1番・宗選手が粘りに粘った末にツーベースヒットを放つ!
ランナー2人とも生還しサヨナラ勝ち!

山岡投手は今日は波があった

先発の山岡投手は今季これまでの登板の中では調子が良くなかった方ですね。

点を取られた初回と4回は集中打を浴びましたが
3イニングで三者凡退にとる好投がありました。

良い回と悪い回の差が激しかったですね。
しかし悪い回が連続してなかったのがよかったです。

阿部翔太投手がプロ初登板

8回から継投に入り、山田投手が左バッター2人をしっかりアウトにした後
ルーキー阿部翔太投手のプロ初登板がありました。

バッター1人のみの対決でしたが
ここをきっちりショートゴロに打ち取りました。

その後チームが逆転サヨナラ勝ち。
とても良いデビューになったと思います!

9回漆原投手のリズムがサヨナラ勝ちを呼んだかも

漆原投手、今日は1点ビハインドでの登板でしたが
リズムよく三者凡退に打ち取ってくれました!

このリズムの良さが最終回の攻撃を呼んでくれたのかもしれませんね。

紅林選手、プロ初の猛打賞

紅林弘太郎選手が4打数3安打の猛打賞!
プロ初猛打賞おめでとう!

3安打のうち2つが今日の得点にからんでますし
とてもよい働きをしてくれました!

そしてなんといっても宗選手のサヨナラ打!

最終回はノーアウト1、2塁から山足選手がスリーバント失敗した後、
宗選手の出番がやってきました。
(山足選手もあの緊迫した場面で岩崎選手の強い球をバントするのはとても難しかったと思います。気にすんな!)

宗選手は3球目で1ボール2ストライクと追い込まれますが
なんとか良い形で後につなごうと、粘りに粘ります。

アウトローへのきわどいフォークにもバットを当て、
インローへのナックルカーブにもなんとか当てて…。

そして8球目の155キロストレートをしっかり左中間へ打ち返してのサヨナラツーベースヒット!
宗佑磨選手、プロ初のサヨナラ打となりました。

おめでとう。そして劇的な勝利をありがとう!

明日の試合

明日の予告先発は増井浩俊投手とホークスは昨季ファイターズにいたマルティネス投手です。
14時プレーボール。

明日もいいゲームがみられますように。
今夜はいい夢見ようぜ!