5月1日 対ホークス戦まとめ 大量失点すぎてダメージも感じない

2021年5月1日ソフトバンク戦スコア オリゲーム

序盤からちょっと試合になってませんでした。
ここまでやられるとかえって切り替えやすいんじゃないんですかね。

オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークス8回戦のまとめです。

2021.5.1(土)バファローズvsホークス(京セラドーム大阪)

スタメン

投手 増井浩俊
1.遊 安達了一
2.左 吉田正尚
3.右 杉本裕太郎
4.一 モヤ
5.指 ジョーンズ
6.捕 頓宮裕真
7.三 紅林弘太郎
8.二 大城滉二
9.中 宗佑磨

ホークスのスタメン
投手 マルティネス
1.(二)周東、2.(指)柳田、3.(左)グラシアル、4.(右)栗原、5.(一)中村晃、6.(捕)甲斐、7.(中)真砂、8.(三)松田、9.(遊)今宮

試合の流れ

今日はいらないかもしれませんが…一応記録しておきますよ。

1回オモテ 1アウト取るまでに4失点

今日の先発は増井投手。
先頭からいきなりの5連打に続けてエラーで4失点。
この4点目を取られた時になお5点目を狙うランナーが走塁死してやっと1アウトをとる。

バファローズ 0-4 ホークス

3回オモテ 松田のスリーランで3失点

投手:増井
フォアボールとヒットでランナーをためてから松田選手に3ランホームランを打たれる。

バファローズ 0-7 ホークス

4回オモテ 柳田のソロで1失点

投手:増井
1アウトから柳田選手にソロホームランを打たれます。

バファローズ 0-8 ホークス

6回オモテ 周東ソロで1失点

この回から前日プロ初登板したばかりの阿部翔太投手が2番手として登場。
先頭の周東選手にソロホームランを打たれる。

バファローズ 0-9 ホークス

続く柳田選手にもヒットを打たれるが
ダブルプレーもありさらなる追加点は許さず。

6回ウラ ノーアウト1、2塁からチャンス活かせず

相手先発:マルティネス
吉田正尚選手のショート内野安打と杉本選手のサード内野安打(記録はエラーじゃなかったんですねコレ)で
ノーアウト1、2塁のチャンスになるが
続くモヤ選手が併殺打、
ジョーンズ選手が空振り三振と得点できなかった…。

7回オモテ 山﨑颯一郎がプロ初登板

山﨑颯一郎投手がプロ初登板。
ランナーを貯めたが無失点で切り抜ける。

9回オモテ 最終回も4失点

投手:鈴木優
1アウトから三塁打と四球でピンチを作ち真砂選手のタイムリー2BHで1失点。

バファローズ 0-10 ホークス
1アウト2、3塁

続く牧原大成選手がタイムリー3BHで2者生還。

バファローズ 0-12 ホークス
1アウト3塁

さらに今宮選手の先発全員安打となるタイムリーヒット、と3連打をくらう。

バファローズ 0-13 ホークス

9回ウラ  最後の攻撃も三凡

こちらは無得点に終わる…。

増井投手は序盤からの不調をなかなか立て直せず

増井投手は今季はここまで全てナイターでの登板だったので
デイゲームに調子を合わせてこられるかな…?いや心配しすぎ…?なんて思ってましたが…。

今日はまっすぐがシュート回転してしまったり
決め球のフォークが浮いてしまったりという状態から
なかなか本調子に戻すことができませんでした。

自分で何かしらの原因に気づいたところがあるといいんですが。
次回登板時には調子が戻っていてほしいです。

今日の内容は5回8失点、自責6、77球、被安打10、2奪三振、1四球でした。
失点のわりに球数が意外と少なかったのは相手の勝負の早さのせいですかね。

大量失点とは逆に打線は全く歯が立たず

初回2アウトから杉本選手の二塁打、
あるいは2回1アウトからの頓宮選手の二塁打、
このどちらかで得点できていれば試合の流れも大きく変わったかもしれませんが
そうはいきませんでした。

そのまま最後まで無得点…完全なるワンサイドゲームでしたね。

山﨑颯一郎投手がプロ初登板

トミー・ジョン手術から復活した山﨑颯一郎投手が一軍のマウンドデビューしました!

プロ3年目の2019年8月に右肘故障からトミー・ジョン手術を受け
翌2020年は育成選手となってリハビリを続けていました。

2020年10月にウエスタンリーグで復帰登板が実現、
そして今日一軍でプロ初登板となりました。

初対戦相手となった中村晃選手にはフルカウントからヒットを打たれ
それから1アウト取った後フォアボールを出して1アウト1、2塁とランナーをためてしまいましたが
続く松田選手、今宮選手をフライに打ち取り無失点で初登板のマウンドを終えました。

いきなり実績のある選手とたくさん対戦しました。
これがこれからの自信につながるとよいです!

今日のまとめ

いやー、ちょっとは得点シーンも見たかったですが
こうも序盤から大量失点で大差がついてしまうと
色んなモチベーションが下がってしまってしょうがない部分もありますかね。

なんだか最後の方は守備位置も思い切りかき回してお試しというか練習みたいになってましたし。

もちろんこれまで相性の良かったマルティネス投手(ファイターズ時代は対バファローズ戦で2勝6敗、防御率が6点台だったそうです)を
打ち崩せなかったことは反省しなければなりませんが
ここまで一方的に負けたらむしろ明日への切り替えはしやすいかもしれませんね!

明日はこのカード勝ち越しをかけて、
山崎福也選手の今季初勝利をかけて、
勝っていきましょう。