5月9日 対マリーンズ9回戦 初回の3点先制も増井が打たれて逆転負け

2021年5月9日ロッテ戦スコア オリゲーム

初回に3点先制したときは今日はいけると思ったんですが…甘かった…。
すぐに追いつかれ…追い越され…徐々に離され…。
そして追いつくことができませんでした。

千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ9回戦のまとめです。

2021.5.9(日)マリーンズvsバファローズ(ZOZOマリンスタジアム)

スタメン

投手 増井浩俊
1.三 宗佑磨
2.遊 安達了一
3.左 吉田正尚
4.右 杉本裕太郎
5.一 ロメロ
6.指 ジョーンズ
7.捕 伏見寅威
8.二 太田椋
9.中 佐野皓大

マリーンズのスタメン
投手 小島和哉(左投)
1.(中)荻野、2.(右)マーティン、3.(二)中村奨、4.(三)安田、5.(左)角中、6.(指)レアード、7.(一)井上、8.(遊)藤岡、9.(捕)柿沼

試合の流れ

1回オモテ 正尚タイムリー、杉本2ランで3点先制

マリーンズの先発は小島和哉投手。

先頭の宗選手がヒットで出塁、
安達選手がピッチャーゴロ、ランエンドヒットがかかっていて1アウト2塁に。

吉田正尚選手がライトフェンス直撃のタイムリーツーベースヒット!
宗選手が生還し先制!
バファローズ 1-0 マリーンズ
1アウト2塁。

4番・杉本選手は初球、インコースボール気味の球をレフトポール際を通ってスタンドイン!
7号2ランホームラン!
バファローズ 3-0 マリーンズ

初回から3点先制しました!

1回ウラ  先制直後に2点取られる

バファローズの先発は増井浩俊投手。

先頭の荻野選手がレフトライン際へのツーベースヒット。
そして2番マーティン選手が初球のストレートをライトフェンス直撃の
タイムリーツーベースヒット。
バファローズ 3-1 マリーンズ
ノーアウト2塁。

3番・中村選手はライトフライ。
ランナーがタッチアップして1アウト3塁。
4番・安田選手は見逃し三振で2アウト3塁。
5番・角中選手がフォアボールで2アウト1、3塁。

ここで6番・レアード選手が3ボール先行からの4球目、
ストレートを打ち返してレフトオーバーのタイムリーヒット。
バファローズ 3-2 マリーンズ

増井投手、初回で26球投げました。
コースを狙た球が甘く入ってしまう場面が多いようです。

2回ウラ  柿沼HRで追いつかれる

1アウトから9番・柿沼選手。
1ボールからの2球目が
左中間を越えるソロホームラン…。
バファローズ 3-3 マリーンズ

3回ウラ  併殺打の間の失点で逆転される

先頭の4番・安田選手がライト前ヒットで出塁。

角中選手はファーストゴロだったんですが…
ファウルゾーンからフェアに戻ってくるようなボールに変な回転がかかっていたのか?
ファーストロメロ選手が捕れずに後逸、で出塁。
記録はファーストのエラー。ノーアウト1、2塁。
高山コーチがマウンドへ。

レアード選手には3ボール先行します。
このタイミングでショート安達選手が増井投手へ声をかけに行きました。
しかし結局フォアボール。ノーアウト満塁。

そして7番・井上選手が初球フォークでサードゴロ。
サード宗選手の動きが素晴らしく、さっとバックトス。好プレー!でダブルプレー。
しかしノーアウトでしたから3塁ランナーが生還。
バファローズ 3-4 マリーンズ
逆転されてしまいました…。

4回ウラ  中村タイムリーで追加点を取られる

4回に入っても増井投手の制球はなかなか修正が効きません。

先頭の9番・柿沼選手にストレートのフォアボール、
荻野選手はレフトフライに打ち取りますが
マーティン選手にフルカウントからライト線際のツーベースを打たれ
1アウト2、3塁。
高山コーチがマウンドへ。
増井投手はここまでで既に73球に達しています。

そして3番・中村選手にライト前へ落ちるタイムリーヒットを打たれます。
柿沼選手が生還し、マーティン選手もホームを狙いますがさすがにそれはアウト。
送球間にバッターランナーは進塁。
バファローズ 3-5 マリーンズ
2アウト2塁。

投手交代。
増井投手に代わって山田修義投手が登板。

山田投手は登板直後の中村選手には
ストレートのフォアボールを出してしまいますが
続く角中選手は3球で空振り三振にとり
さらなる追加点は許しませんでした。

7回オモテ T-岡田今季1号ソロHRで1点差に

この回のマウンドには3番手・ハーマン投手が登板

1アウトから8番・太田選手のところで代打・T-岡田選手が登場。
T-岡田選手はフルカウントからの6球目、高めにきた148キロストレートをとらえてライトスタンドへ!
1号ソロホームラン!
バファローズ 4-5 マリーンズ

このまま追いつきたいところでしたが
続く代打のモヤ選手はファーストゴロ、
宗選手は見逃し三振でスリーアウト。

7回ウラ  回またぎのK-鈴木が打たれて2点追加される

6回アタマから登板しているK-鈴木投手が続投。
代打・T-岡田選手→中川選手がセンター、
代打・モヤ選手→大城選手がセカンドへ。

先頭の4番・安田選手はセンター前ヒット(代走・和田選手へ交代)、
角中選手の打席途中で和田選手が盗塁成功、
そして152キロストレートを角中選手に当ててしまうデッドボール。
ノーアウト1、2塁。

ここでレアード選手に代打・高部選手。
ピンチバンターです。
高部選手が送りバントを決めて1アウト2、3塁。

そして7番・井上選手。内野は前進守備。
初球のストレートに高いバウンドの打球を返します。
ボールは安達選手の上を大きく越えてセンター前へ。
ランナー2人ともが還るタイムリーヒットになりました…。
バファローズ 4-7 マリーンズ
1アウト1塁。

投手交代。
K-鈴木選手から金田和之投手へ。

金田投手も登板直後は藤岡選手にフォアボールを出してしまいましたが
柿沼選手をショートゴロ併殺打に打ち取り
さらなる失点は防ぐことができました。

9回オモテ 三者凡退でゲームセット

3点差のマウンドにクローザーの益田投手が登板。
6番・ジョーンズ選手はシンカーに空振り三振、
伏見選手は初球をショートゴロ、
中川選手は1ストライクからの2球目、
149キロストレートにセカンドゴロ…スリーアウト。

ゲームセット。
バファローズ 4-7 マリーンズ

先発増井、序盤の不調から立ち直れず

最初から3点の援護をもらった状態で登板した増井投手でしたが
序盤からコースを狙った球が甘いところに入ってしまうことが度々あるなど
どうも調子が悪い感じでした。

途中で立ち直れたらよかったんですが
降板する4回途中まで修正することができませんでした。

3回2/3で5失点、自責点は4。
78球を投げて被安打8、2奪三振、3四球で4敗目となりました。

毎回失点を重ねてしまいましたね。
もうちょっと早く投手交代できなかったのは
リリーフ陣も万全でないのでできなかったのか…?

T-岡田に待望の今季1号が出た

おととい「そろそろ出るといいな」と言っていた
T-岡田選手の今季1号ホームランが出ました!

代打の打席でしっかり集中して見せてくれました!
これを皮切りにどんどん打っていってもらいたいです!

正尚4打数4安打で首位打者独走

今日の吉田正尚選手。
最初の打席はライトへのタイムリーツーベースヒット、
そしてセンターへ、レフトへ、ライトへ!
右へ左へ打ちまくりです。

現在の打率は.348。
2位浅村選手の.316を大きく離しています。
頼もしいですね。

第2打席以降は彼の前にランナーを置くことができませんでした。
せっかくこんなに打ってくれてるんですから
ランナーのいる状態で打ってもらいたいですね。

打つといえば杉本選手が今日7号2ランホームランを打って
正尚選手と並ぶホームランランキング2位に上がってきました。

ふたりでバンバン打ってもらいましょう!

カード勝ち越しならず

このカードは1勝2敗でした。
ロッテ戦はまだカード勝ち越しできてませんね…。

次は今のところ交流戦前に2連戦が予定されています。
ここでは連勝してくれますように。

次のカードは東京ドームでのファイターズ戦2連戦です。
火曜が無観客試合、
水曜は観客が入っての試合になりそうです。

おしりに火がついている状態(最下位ファイターズと1ゲーム差)ですから
ここは勝っていかないといけません!